ヘアスタイル2016.07.20

子供の頃はおかっぱ頭
小学校もおかっぱのような理髪店でカットしてもらうショートだった。
中高は校則で決められていた三つ編み。(笑)
で、大学に入ると反動でベリーショートにしちゃった。
高校の同級生と大島に旅行したらアベックに間違われたり、
通りすがりに『女かよ!』とか言われたのもこの頃。(笑)
2年生でちょっと恋心に目覚め伸ばし始めて
卒業の頃はウルフカットにしてたなぁ~。
バンスクリップ
結婚の頃はボブショートに戻って、
子育て中はずっとショート・レイヤーカットだったけれど、
時々伸ばそうとしては途中暑さに負けてカットするという繰り返しだったような・・・。(-_-;)A
40、50代はショートスタイルでヘアダイの日々。、
還暦前に再挑戦して伸ばして、前髪は全く盛り上げずにそのまま後ろでまとめてねじって髪留めで留めるアップでした。
こんな感じですね。
最初は蝶番のクリップ使っていたけれどバネの部分が髪に引っかかるので
ゴムになっているクリップに変えてから、色や形に凝って集めていた頃ですね。

で・・・2013年にカット、脱色、今に至ると。φ(´~`;)うーん

髪型で検索してたまたま見つけたのがこの女性のヘア・メイクの変遷を捉えた映像。




各国のがアップされてて、髪型で時代の趨勢が分かって面白かったです。
欧米諸国や日本などのアジアも含めて、スタートこそ違うのに
2010年代にはナチュラルなロングヘアになっていっていますね。
一方でアラブ系・イスラム系の国々の中でも、時代とともに女性が被り物から自由になる国と、
一時解放されたのに、最近また被り物をするようになった国とかが見て取れて、
時代の趨勢がいかに女性の髪形に影響し、象徴しているかも分かって、考えさせられる面もあります。


下記サイトでは、各時代のメイク・ヘアメイクを選び出した説明もされています。
(英語版しかないようです)
もし、ご興味を持たれた方は下記サイトからどうぞご覧くださいませ。m(__)m