メイキング2016.07.19

山口教授はゼミの学生にテレビ局のスタジオ見学をよくさせています。
以前は、ゼミ授業の一環で全員で参加、見学という流れでした。

しかし、最近はマスコミ関係に関心のあるゼミ生にターゲットを絞り、
スモールサンでの打合せ段階から参加見学させるようになりました。
山口教授が取材対象の録画を見て、どういう切り口でテーマを捉えるかなどを
傍らで、スタッフとのやり取りを見ながら学んでいるわけです。
IMG_0986
そして、収録日当日は出演者の打合せ段階から、同じように参加見学します。

時には、打合せで初めて流されるビデオを見て、
山口教授が捉え方がズレているとダメ出し、
急遽山口教授の指摘に合わせてビデオが編集、
なんてのも見られるかもしれません。(^^♪

こうやって何もないところからテレビ番組が作られていく流れを見て、
マスメディア志望の学生にとっては、いい刺激にもなっているようです。


実は山口教授のテレビ出演は、番組のテーマをどういう切り口で話すかとか、
どういう流れで話すかとか、ディレクターと話すことから始まっているのですが、
なかなかそういう制作の裏側は見られないものです。
幸いにも某テレビ局の某番組は(もうお分かりだと思いますが(笑))
こうしたことを学生が直接学ぶ機会ですし、サポートいただいてます。
この場を借りて感謝!m(__)m