帳尻合わせ2016.05.16

私にとって、東京新聞が一番ストレスを感ぜずに読める新聞。
東京新聞2016.05.16
ある意味、産経新聞とは対極にある新聞ですね。(*`艸´)ウシシシ



福島第一原発事故の時に「トモダチ作戦」で現地入りしていた元米兵が
原発事故で被爆し、健康被害を受けたとして、東京電力に損害賠償を求めている裁判を起こしている。
トモダチ作戦で、「ロナルド・レーガン」に搭乗していた米兵は約5500人、作戦全体には約2万4000人が参加したとされているので、これらの人達にも被爆状況から原告団に加わったなら、物凄い膨大な損害賠償裁判になりそうな気配。

日本では事故後2回目の調査で子供の甲状腺がんの発生率が増えているという。
5年しかたっていないのに、「収束」なんかもしていないのに、敢えてそういった被ばくに関するニュースは大きく取り上げないようにしているのかと疑いたくなる。

確かに、被ばく自体に個人差もあるだろうし、まったく自覚症状のない人からすれば、被ばくに関することは大げさに広めてほしくないという思いもあるのだろう。
でも、これこそ『○○○○○には蓋』で国の責任を個人に押し付けて、目先のことに誤魔化されているだけじゃないか?

本当に被ばくによる健康被害のことを考えれば、どんなに程度の差があっても自己申告で被爆者として認定して、身体的な被害に対して十分な医療を無料で受けられる仕組みを設けてもいいはずなのに・・・。

おそらくこの米国での裁判を通して、東京電力福島第1原発沖およそ1.6キロの地点まで接近したとされる被爆状況が明かされることになりそうだ。
日本国内では個人の我慢と忍耐をいいことに国はなおざりにしようとしているが、米国に置いてはそんなことは認められる訳もない。
悲しいかな、米国の裁判を通してでしか真実の報道がなされないというのであれば
原発を何基も抱えて再稼働に邁進するであろう自民党支持率が下がらない日本では
安穏と暮らせるのはもはや大金持ちだけになるんじゃないか。

パナマ口座も海外に家があるわけでもない私が、
日本の自滅を見ることになるのかどうか・・・
これも賭けみたいなものかな。((´∀`))ケラケラ