J-Way開催2016.04.26

3年ぶり(?)の開催になるJ-Wayが参議院議員会館で開かれました。
テーマ:参議院議員選挙を考える
~野党のリーダーたちに聞く:一強「安倍自民」にどう挑むのか~

パネラー:
桜井充氏(民主党参議院議員、同党元政調会長)
小池晃氏(日本共産党参議院議員、同党中央委員会政策委員長)
松野頼久氏(維新の党衆議院議員、同党代表)
司会 山口義行氏(立教大学教授、スモーサン主宰、政策工房J-WAY代表)

議論:
次期参議院議員選挙が憲法改変にまでつながりかねない重要なものであることは、
多くの人々の共通認識です。
再び与党圧勝という結果になると予想する専門家は多いですが、
与野党間の緊張関係を欠いままでは議会制民主主義はうまく機能しません。
とはいえ、自民党への支持率の高さは、野党への不信の反映だという声もあります。
はたして、この重要な選挙を、野党はどう戦おうとしているのでしょうか。
そこで、今回は野党の代表的な論客にご登場いただき、
政治の現状や展望について議論したいと思います。

2016.04.26-142016.04.26-042016.04.26-052016.04.26-072016.04.26-092016.04.26-16
2016.04.26-22
















北海道5区での選挙戦を経て見えてきたこと。そして、この夏の参議院議員選挙に向けて、野党統一候補で戦う意義や課題などについて熱く議論が交わされました。
休憩後には、参加者の中小企業経営者や山口教授の教え子からの鋭い質問に、パネラーの皆さんには、明解に答えていただけました。

久しぶりのJ-Wayにご参加いただいた皆様、ありがとうございました。m(__)m