「平成28年熊本地震」2016.04.16

2016.04.16-0114日午後9時26分の地震は前震で、15日午前1時25分大分・阿蘇周辺にまで及ぶ広い範囲の今回の地震が本震だという。

3月に博多湾で比較的微弱な地震データが出ていたとかネットニュースで見た覚えがあるのだが、今から見ればそれらは予兆だったのかもしれない。
今回M6余震が続いているのは、活断層「日奈久断層帯」の北側で起きた横ずれによるものらしいが、活断層が複雑に入り組んでいる地域では、今まで活動していなかった別の活断層地域が影響される可能性があるらしい。
しかも、震源が地表から比較的浅いところで起きれば、長周期地震動が最大になり建造物への被害は甚大になりうると分かったという。

2016.04.16-05だとすれば、これが本震、後は余震が続きながら収束するハズというのも確実とは言えないのではないか?
と思っていたら、やはり専門家もそう話していた。

結局人智の及ばない自然の力を後付けで説明はいくらでも出来るけど、たかだか100年に満たない地震データの蓄積では、どこの地域でいつ起きるかなんて予測すら立たないってことですよね。

週末にかけて九州全域に強風雨の予報が出ているだけに、これ以上の災害にならないことを願うばかりです。

2016.04.16-02

首都圏で関東大震災クラスの災害が起きてしまったら・・・
政治でも経済でも中枢となっている首都圏の壊滅は、
日本全体の問題になることは確実です。

“日本沈没の引き金”にならなぬように、
長期的見地からの対策が万全に練られているのか
心配になってきます。