“知”の劣化?2018.08.16

東大壁画廃棄[2018.05.08]


東大安田講堂の地下食堂に飾られていた抽象画。
著名画家の大作と知らずに
建替え作業で搬出できないと廃棄処分





富士山頂気象日誌廃棄[2018.08.10]
気象庁富士山測候所の職員が68年間つづった
貴重な資料としての価値ある40冊以上の日誌
「カンテラ日誌」を廃棄処分






絶滅器具シダ自生地伐採[2018.08.16]
環境省が絶滅危惧種シダの自生地と認定。
全国唯一残った都内自生地で、
都農林水産振興財団が事前環境調査もせずに伐採。
壊滅状態になっている。






違法工作物[2018.08.16]

国の特別記念物タンチョウ鶴が営巣する
釧路湿原国立公園の特別保護地区で
無許可の木道などの違法工作物が確認された。







公文書保管に対する意識欠如が一段と進んだ安倍政権下だからなのか、
今年になってからでも破棄・処分決定で、
その作業をする前に何ら事前確認もされることなく、
何にも考えずに言われたままに作業した
最悪の結果が民間でもコレだけあった。

廃棄決定に至る過程に関わった人は何人もいただろうに
誰一人として「この作業で失われるもの」について
考えもしなかったのだとしたら・・・
怖い世の中になったものである。