平成最悪の被害!2018.07.10

西日本豪雨災害の被害に遭われた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。m(__)m


仕事で外に出るとゆっくりテレビを見られる・・・。
ニュースでチラチラ耳にはしていたが、西日本地域の豪雨被害の凄まじさに唖然としてしまった。

火山列島の日本は山あり谷ありで風光明媚な地勢と四季の変化を楽しめていたのに、ここ10年を振り返っただけでも、台風が行くことがなかった北海道を直撃したり、停滞する梅雨前線によるゲリラ豪雨で山が保水し切れなくなって土石流となったり、平地の地盤をも緩めてがけ崩れを起こしているというのに、『〇十年に一回の豪雨』という表現が毎年繰り返されることに鈍感になっていたように思う。
経年劣化で崩れやすい花崗岩地盤が多いという山間部。
すでにインフラ整備が済んでしまった河川流域。
これまででは考えられなかった想定外の雨量による被害がこんな被害にまでなっていることを思うと、国は危険地域を確認しただけで済ますのではなく、ちゃんと国が管理する河川や自治体管理の河川で、これまでに行われた河川整備で対応出来うるのかの再確認して対応すべきでは?
山崩れ被害が想定される危険地域での安全対策と避難対策を進めなくては、これからも『最悪の』被害が繰り返されかねないと思う。
これからの気候変化にあった想定に見合う対応を早急にすべき時が来ているように思う。


日本の気候環境が変わってしまってしまったのではなかと感じている人は多いと思う。