運動会♪2018.06.02

2018年6月2日てやん運動会-04川平小6年の時、団体競技であるピラミッドを拒否して運動会に参加しなかった上の孫。

東京で新中学校一年生になって初めての運動会にはどうするのだろうかと様子見していたら、結構乗り気な様子で色々話していたそうだ。
リレーや長距離走の選出選手を決める事前の競争で、様子を見過ぎて全力が出せず漏れちゃったのだとか。(苦笑)

当日見に行ったら、事前には何にも話していなかった筏流し(クラス全員が交互に一列に馬になってその上を歩いて早くゴールする競技)で筏乗りをやっていた。
目立ちたがり屋の下の孫なら、その役に決まった段階でもう自慢話ししていたと思う。(笑)


私は練馬で育ったのだが、最近の都内の学校の運動場の狭いこと狭いこと。
名古屋の娘達の時でも、トラックの周囲外には広い場所が確保されていて、保護者が席取りしたり、後ろで立見したり出来たし、何より子供達のいるところも包めて周囲を一周自由に歩ける広さがあった。
ところが小学校も中学校もトラック外のところは先生・来賓席・高齢者向け席・生徒席でいっぱい。後ろの歩く部分は花壇と教室の間とか、鉄棒などの遊具のある場所だけ。
お弁当持参の小学校では食事の時はトラック内を解放しないと座る場所もなかった。(苦笑)
しかし、最近では少子化傾向の恩恵なのか、子供達もテント内に席があるのは羨ましかった。(笑)