二人で・・・2018.05.22

第三子出産予定日を来月に控えている長女が、破水したというので再入院した。

上二人の時はつわりが酷かったのに、今回は全くその気もなし。(笑)
ところが、羊水過多だ、胎児の飲みこむ力が弱いせいじゃないかとか、途中経過で色々問題が生じては入院すること3回。とにかく胎児を母体の中で成長させるのが最善ということで、まぁ~色々検査したり治療したりして、問題なしということで毎回1週間程度で退院してたのだが・・・。
2018.05.12-11
今回は臨月にはまだ3週間弱早いので、分娩室で待機状態でベットに寝て居るしかない娘のために婿殿が付き添っていてくれる。病室では面会時間以降泊まれないので帰宅する婿殿も、ここでは椅子がソファーベットになって宿泊可と分かり、連日”夜勤”宿泊態勢である。(笑)

上の孫2人は、そういった緊迫状況でも結構のんびりしていて、婿殿から祖父母の世話を受けている間の注意事項を厳しく言われたらしく、早朝起こされれば、寝ぼけた顔で起きてきて朝食を食べては、それぞれに支度をして登校していく。そして、洗濯掃除などして、夕飯を食べさせるまでが私の担当。
夕食後に宿題やらせ、お風呂に入らせ、登校の用意をさせて寝かせるのが、夜型生活の山口教授の担当。
この2人態勢の役割分担で老若世話を完璧に成し遂げている。今のところ・・・((´∀`))ケラケラ


写真説明:日常生活が素足にビーチサンダルが定番の孫達。ナムが自転車に乗っていて親指を道路で削った。怪我は大分治ったのだが、登校でクツを履くので包帯をしているナムとテヤン。ここにもう一人唄次(うたじ)がまもなく加わるのだが・・・( ̄ー ̄)いつまで世話をやいていられるかなぁ~。