トップの品格?2018.05.18

最近スポーツ関係で、トラブルに対する関係者トップの対応があまりにも世間の常識とかけ離れていて、報道や視聴者から批判を受けるということが多いように思う。
権力者
女子レスリングの発展に貢献があった某大学の学長が会見で、自分の大学の学生達に迷惑が及ぶような過熱取材や報道を控えてほしいという主旨は理解できても、問題に上がっている某監督に関する会見内容は明らかに感情的になり過ぎていて、パワハラの典型じゃないかと思われただろう。(苦笑)
そして、この時も問題に上がった監督はマスコミを避けるためか表には出て来なくなり、のちに体調不良で入院といった説明がなされていたが、これじゃぁ~『雲隠れ』と言われても仕方ないと思ったものです。

そうしたら、今度はアメフト界で同じようなことが起きている。
素人が見ても危険なタックルをしたチームの監督が一切表に出て来ず、裏でその危険タックルをした学生を連れてコーチが謝罪に行っているというのは、まるで学生の責任にして事を収めようとしているとしか思えないのに、監督はじめ大学関係者は全員事の重大さを認識していないと思われる対応ばかりである。

これまで見て来て、本当に日本はこれで大丈夫なのかと心配になってきた。
人事権を握った政権は、自分の都合の悪いことは表に出さないように官僚に忖度させるは、本来あるべきメモや資料は破棄したと言い、その嘘がバレルとまたそれを誤魔化すための嘘の上塗りをさせるという繰り返しではなかったか?

官も民も、同じく旧態然とした体制の元で権力者として胡坐をかいて嵐が過ぎ去るのを待っているかのようである。